目指せ100記事!!

これであなたもブログ更新間違いなし。記事作成メソッド公開。

ブログを開設したけど、記事が書けなくて困ってませんか?

 

私も3か月以上ブログを更新できない時期がありました。決して飽きたり、止めようとは思わず、更新できない時間もどんな記事を書いたらいいだろうと悩んでいたのです。

それでも筆が進みません。

 

でもある時、田中康延さんという方が書いた「読みたいことを、書けばいい。人生が変わるシンプルな文章術」という本に出合って考え方が変わりました。

※今回の記事はネタバレになってしまうかもしれませんので予めご了承ください。

 

今では1週間に1記事くらいのペースで更新できるようになりました。

ちなみにその本についてはコチラの記事ですでに紹介しておりますので、併せてご覧いただけると嬉しいです。

関連記事

[itemlink post_id="3845"]今回紹介する本は私がブログの更新が完全に滞り記事が書けないと(思い込んで)いた時に読んだ本です。 私はこの本を読むことで記事を書きたいという気持ちになる事ができ、少しずつですが[…]

 

元々この本は文章の書き方を学ぶつもりで購入したのですが、書き方よりも考え方を学びました。

そして、その考え方をブログ更新という目的に落とし込んだ事で、毎週更新ができているのではないか?と思っております。

 

という事で今回はブログ更新を目的にした記事作成方法論、名付けて

『記事作成メソッド』

をご紹介します。

もし全然記事が書けない!とお悩みでしたらご参考までにご覧ください。

 

ブログ記事作成メソッド

いきなり大風呂敷を広げましたが難しいことはありません。

肝心なのは記事が書けるという思い込みと書き続けるという習慣付けです。記事を書く癖がつけば書くことが苦にならないだけで無く、文章力もメキメキ上達してゆきます。

なんでもそうですけどはじめの一歩が一番パワーを使います。その一歩を踏み出すための方法論が今回のメソッドです。

では、ここからは考え方や具体的な作成方法などを紹介して行きたいと思います。

 

】自分のためにブログを書く

 

このメソッドの肝となる考え方は「自分のためにブログを書く」という事です。

 

あなたは誰のためにブログを書いているのですか?と聞かれたとき、読者のため?グーグル先生のため?では無く、自分の為と答えますか?

 

アクセスを稼ぐための話題は?キーワードは?ターゲットは?など自分以外の誰かの為に記事を書いてませんか?

 

読者を意識することやアクセス数を上げるために色々な方法を実践することは正しいと思います。でもそれは記事をしっかりと書き上げる力がついてからで十分です。

まだ記事の質も低く、一つの記事を書くスピードも遅い、更新し続ける力も無い。ブロガーとしてレベルが低い状態でテーマやキーワードなんかに悩みすぎてしまうと一つの記事も完成させることができないまま悩み続ける羽目になります。

悩みに悩んで完成した記事が必ずしもアクセスがバンバン取れる記事になるとも限らないですし。

 

そんなことに悩むくらいないなら、少なくとも自分が読みたいを完成させることをお勧めします。

どこの誰かわからない人の好みを探るよりも自分自身の好みの記事を書いた方が楽しいし、書きやすいはずです。

書き続ければいずれあなたの記事が好きなファンができるかもしれません。その時初めて自分以外の為に記事を書いてみればよいと思います。

 

自分の為であれば言い訳は必要ない。

自分自身のためにブログを書くという考え方であれば、今までしていた言い訳も必要なくなります?時間が無い、ネタが無い、書き方がわからないなどなど。

 

しかし、どんな理由も良い訳も今後は必要ありません。

自分の為のブログですから記事が書けないなら、書かなければいいのです。

自分の為のブログですから、別に定期的に更新する必要ないんです。自分が書きたいときに書いて、だめだったら更新を止めればいい。

それでは更新が止まったままになりますが仕方ありません。諦めましょう。

他人の為ではなく自分の為に書くのですから、書かなければいけないというのは無いのです。仕事じゃないので。

ブログはオリジナリティがとても重要視されます。あなたしか生み出せない記事を書くためにはだれかの為では無くあなた自身のために書く記事が必要なのです。

とは言っても記事を書かなけば前に進めないじゃないか!とおっしゃる気持ちはわかりますので、記事がかけるようになる!かもしれない方法をこれから紹介します。

 

【準備】記事以外の事は頑張りすぎない

ブログをはじめる時は張り切って完璧を求めがちですが、あまり頑張りすぎはよくありません。

特に記事以外のドメイン、サーバー、テーマ、プラグインなどに完璧を求めすぎて肝心の記事作成に手が回らなくなってませんか?

ブログ(特にWordPress)はとても自由度が高く、正解がありません。さきほどから『自分の為にブログを書く』事を説いておりますが、記事以外については満足するまで続けるといつまで経っても記事が書けなくなってしまいます。

ブログの肝は記事ですので、それ以外は飾りにすぎないと考えを変えた方が良いです。

記事以外についてはあまり頑張らずにすでにある程度確立されたものがありますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか?

下記は私が実際に使用した上でお勧めするブログ環境です。

ドメイン

.com」

これ以外の選択はほとんど無いと言っていいでしょう。

ちなみにサーバーとドメインをセット販売するところもありますがあまりお勧めできません。どちらかを一方を解約することができない場合が発生するからです。

サーバー

両方のサーバーを使用しましたが、個人的にはmixhostのサーバー管理画面が使いやすいので好みです。性能としてはXサーバーかもしれませんが、普通のブログであれば使用感に差を感じることは無いと思います。

(ミックスホスト)

Xserver(

テーマ

現在このブログで使用しているテーマは「THE THOR」という有料テーマです。デザインも素晴らしく、ブログテーマとしての能力も申し分ありませんが有料ですので、それなりにお金ががかかります。無料テーマでも有料テーマ顔負けの素晴らしいものがダウンロードできます。その最有力が下で紹介してる「Cocoon」です。

どちらを選択しても良いですが、この他にもテーマ星の数ほど存在しており、デザインは好みが分かれますし迷います。私の場合、無料テーマをコロコロ変えた過ぎたためデザインがめちゃめちゃになってしまい修復ができなくなりブログを止めてしまった事があります。

有料テーマをあえて使用しているのは余ほどの事が無い限りテーマ選びをしないという戒めでもあります。

 
 

有料テーマ 

 
 

無料テーマ Cocoon

cocoon

現在使用しているのはこちらになります。

  1. Add Quicktag
  2. Broken Link Checker
  3. Compress JPEG & PNG imeges
  4. Customizer Export/Import
  5. Google XML Sitemaps
  6. Invisible reCaptcha
  7. Rinker
  8. Simple Tags
  9. UpdraftPlus-Backup/Restore
  10. Wordfence Security
  11. WP Multibyte Patch
  12. Widget Logic

テーマにある程度のプラグイン機能が搭載されていることを考えると少し多めかもしれません。

【記事作り、書き方】日記や感想文でも良いのか?

ブログの記事を書く上でよく言われているのが日記や感想文を書いてはいけないというのがあります。日記や感想文はいくらたくさん書いてもアクセスが増えないそうです。

理由は内容があまりにも個人的であるため、読んでいる人にとってその文章が役に立たない事が原因だからです。

今ブログで重要なキーワードは【読者の役に立つか?】です。

作者もしくはその周りに人しかわからないような場所、人物、習慣、ものなど説明も無く記載される日記や【面白かった】【楽しかった】といった抽象的な表現に終始している感想文では内容が理解できず役に立たない記事とされてしまいます。

このメソッドの核は『自分の為に書くブログ』ですが、自分勝手で一人ヨガリな文章では『自分にしかわからないブログ』になってしまいます。どうせ書くなら少しでも多くの人に読んでもらいたいですよね?

では日記や感想文は書いてはいけないのか?

やっぱり駄目です。でもレポートにすればOKだと思います。

つまり今までは自分やその周辺の人にしか伝わらない表現だったものをそれ以外の人にも伝わるように変え、場所、人物、物事の具体的で深い情報を調査して追加すれば告書として生まれ変わり記事として十分成立すると考えます。

もともと特別な知識も経験も無い私のような人間が記事を書くときに外出した経験(いわゆる日記的な記事)や本、映画の読んだ観た(感想文的な記事)は絶好のネタです。

工夫して記事として成立させるためには調査などちょっとひと手間を加える事が大事です。

【ネタ作り、記事作り】時間や場所にとらわれない

例えばこの記事を書くのに要した時間は計4時間以上だとします。という事はこれだけの時間を捻出しなければ記事が書けないことになってしまいます。

フリーターか優雅な学生ならいざ知らず、社会人にはなかなかハードルが高い。ブログを書く時間が確保できないというのも記事が書けない理由として大きく立ちはだかる壁です。

しかしご存知の通り、ブログはネット上に存在しているのでスマホで更新可能です。WordPressから無料ブログでもそれぞれアプリが用意されておりスマホでも使いやすい様に工夫されております。(それでも使い勝手はいまひとつです)

これであればちょっとした通勤やお昼時などの隙間時間にさっと記事を書くことができますし、思いついたアイデアをメモする事でネタ作りも可能です。

時間と場所にとらわれずコツコツと記事作りに勤しむ事で、まとまった時間を確保しなくても記事作成は可能です。

具体的に私が行なっている方法をご紹介します。

私の記事作り

薄型の軽いノートパソコンを所有していればすべて解決する問題ではありますが、あいにく私の装備はiphoneとwifi専用のipadのみです。

もちろんiphoneのみで記事作成は可能ですが、ブラウザにしろアプリにしろPCと比較するとお世辞に使い勝手が良いとは言えません。特にコピペや選択が難しいです。

色々と考えた結果、若干アナログな方法も加えて現在は下記のような方法でネタ→記事書きを行っております。

①ネタ集め

ネタって思いもよらない瞬間に思いつくものですので、これはiphoneのメモに書き溜めておきます。自分さえ意味がわかればOKなので箇条書き程度です。

②情報集め

ネタを文章にするうえで、そのテーマについて自分が感じた事や疑問に思ったことをメモします。またその事について調べたり、新たな発見があったらそれもメモします。

私の場合この工程をアナログなノートに記載することにしています。

実際のノートがこちら

左側がテーマに関する自分の感じた事や疑問点を記載。できれば余計な知識を持たず率直で無知な状態の意見をメモしたい。

右側がそれに対する疑問や新たな発見などメモ。自分を含めて読む人が理解してもらえるような噛み砕いた表現が好ましい。

このような形でまとめる事によって相対的に整理でき、文章の流れなんかも見やすくなります。スマホだけで完結した方が楽ですが、ノートにすると全体を俯瞰できるので文章にする時にまとめやすい気がします。

個人的にはノートとか手帳が好きなだけかもしれませんけど。結果便利です。

③記事を書く

③までの内容を記事にします。ただ、スマホでブラウザ、アプリで記事入力をすると先ほど説明した通りあまり使い勝手が良くないため、下書きとしてアイデアを記載していたメモ帳を使用しております。

これであれば通信不要ですので、いつでもどこでも記事を書くことができます。

④転機してUP

メモ帳は同期しておけば他の端末でも同じ内容を見ることができるスグレモノです。メモの内容をコピーして記事をUPします。

最後に見出しや画像、アンダーラインなどで調整を加えて完成です。

最後の調整で30分くらいがまともにPCに向き合っている時でしょうか?それ以外は外出先でも可能な作業です。

【モチベーション】アクセス数で一喜一憂してはいけない。

ブログを更新する以上アクセス数が気にならない人はおりません。アクセス数が増えれば嬉しいですし、モチベーションも上がってよりブログの更新に力を入れるでしょう。

でもアクセス数の増減でやる気の上げ下げをしてはいけません。

なぜならアクセス数はそう簡単に増えないからです。

これはブログ開設したばかりの方が陥りやすい状況なのです。意気込んで記事をアップしたのにアクセス数が微動だに動かない。1週間、2週間〜1ヶ月と全然アクセスが増えないのでモチベーションが下りブログ自体をやめてしまうという例です。

これは当然でブログを更新したからといってすぐにすぐにアクセスにつながる訳がありません。アップされた記事のキーワードなどが検索に反映されるようになるまで半年はかかると言われております。

つまりどんなに良い記事を書いてもポータルサイトなどでピックアップでもされない限り、アクセスが増えないのは仕方がない事なのです。

アクセス数に左右されずに更新する方法として『自分の為にブログを書く』を徹する事です。人に見られていないと落ち込むのでは無く、少なくとも自分だけは満足できれば少しずつ前に進めます。それが積み重なればいずれアクセス数として形になると思います。

ただアクセス数のチェックは必要です。アクセス数が急に激しく変動した場合は、何らかのトラブルの可能性があり調査が必要となってきます。問題の早期発見の手段として有効です。

まとめ

ブログの命は記事の質、量だそうです。質の良し悪しについての線引きは難しいですが、量については目安があります。

それが100記事。100記事アップして一人前、スタートラインとされています。

でも実際のところ100記事というのはあくまで目安でこれを超えたからと言ってアクセスが増える訳でも無いようです。

それでも検索で自分のブログに来てもらうためには量が必要で100記事は最低限の記事数という事なのでしょう。

100記事が多いか少ないかはそれぞれだと思いますが、私にとっては100記事のハードルは結構高いです。それでも1記事1記事を確実に完成させることで遅かれ早かれ達成できる目標だと思います。

100記事を達成していないという事はまだスタートラインにも立っていないって事です。

せっかくブログをはじめたのですからせめてスタートラインに立ちたいですよね?きっとそこに立ってはじめて見れる景色があるはず。

もし現時点での記事の数がたとえ0であっても1記事アップする事で勢いがつき、継続的に更新できるようになるかもしれません。

『自分の為に書くブログ』ですので、いつはじめても良いですが今回した方法をお試しいただいてきっかけになったとすれば、それは喜ばしいばかりです。

最新情報をチェックしよう!
>このブログのテーマは【THE THOR】を使ってます

このブログのテーマは【THE THOR】を使ってます

ブログで最も重要なのは記事を書く事です。でも使い勝手やデザインでテーマ選びやカスタマイズで記事を書く時間が奪われがち。世の中には優れた無料テーマがたくさんありますが、私が有料テーマである【THE THOR】を使っているのは、そうしたテーマ選びやカスタマイズに時間を使わず記事を書くことに集中したいからです。このテーマはhtmlなどの知識が無くても豊富なデザインから選択でき、SEOにも強いWORD PRESS初心者でも本格的なブログを作成できます。テーマ選びやカスタマイズの手間からの解放。この初期投資は有効な選択肢のひとつです。

CTR IMG