目指せ100記事!!

そろそろマクロレンズの話をしよう!ソニーEマウントAPS-C用レンズ SEL30M35

今回紹介するレンズは【SEL30M35】

ソニー製EマウントのAPS-C用レンズです。

このレンズの特徴は何と言っても【マクロレンズ】である事

でもマクロレンズって何だかわかります?

何となく小さいものを撮影できるレンズってイメージはあると思いますが、、、、

その辺についてや実際の使用感。などなどSEL30M35の魅力について紹介していきたいと思います。

マクロレンズって何?

私的な事ですが、これまでに紹介したレンズでは近くのものを撮影したり、狭い部屋での撮影に不向きなレンズが多かったのです。

特にこのレンズ↓

 

関連記事

今回紹介するのが、【SEL50F18】です。これぞ一眼レフとも言えるレンズの代名詞”単焦点レンズ”の登場です。その中でも今回紹介するレンズは単焦点の面白さと難しさを肌で感じさせてくれる入門レンズです。 単焦点レンズをはじめるなら、[…]

 

なので、マクロレンズがあれば【被写体に近づいて撮影できる】と思って大して調べずに購入してしまいました。

 

マクロレンズ=小さい被写体に近づいて大きく写せるレンズ

という思い込みで・・・・

その考えはあながち間違いではなかったのですが、マクロレンズとは・・という答えではなかったのです。

 

じゃあ、マクロレンズって何なのか?

 

答えは・・・・

 

被写体を1/2から等倍で写すことが可能なレンズの事

マクロレンズについて徹底解説。選び方や使い方などを紹介。撮影倍率で選ぶ?焦点距離はどれがいいか?ピントの合わせ方や構図の…

 

 
Nuko

ちょっと何言ってるかわからない・・
 
 
 

マクロレンズがわかりづらいのは用語が難しいから

マクロレンズってイメージは何となくわかるんだけど、説明しろって言われると途端に難しくなります。
 
なぜなら、それを表現するには難しい専門用語が飛び交ってしまうから。
例えば、最大撮影倍率、焦点距離、最短撮影距離
この辺の単語がどんな意味でお互いどんな関係か?っていうのを理解しないといけない。みたいです。
 
でもご安心アレ!
何となくわかった気になるような大まかな説明で済ませましょう。これで納得してくれ!

 

先ほども紹介した通り、マクロレンズとは・・・・

被写体を1/2から等倍で写すことが可能なレンズの事
この1/2から等倍っていのは最大撮影倍率を指しています。レンズのスペック表には必ず記載されているので、見てみてください。
この撮影倍率って結構わかりずらい用語。
簡単に言うと最短撮影距離で撮影した被写体の画像が実際の被写体の大きさに対してどれくらいのサイズ比率で表示しているかって事を指します。最大は1倍=等倍。
つまり等倍は本物と同じサイズである事を指します。
 
どういう事か?
 
マクロとそうではないレンズで倍率の比較をしてみたよ。
SELP18105G:倍率:0.11倍(最短撮影距離:45cm)
SEL30M35(マクロ):倍率:1倍(最短撮影距離:9.5cm)
 
共に同じ30mmという画角にして、それぞれの最短撮影距離で撮影する。
 
SELP18105G(30mm)
SEL30M35(30mm)
どうですか?同じ焦点距離なのに被写体の大きさが全然違うでしょ?
SELP18105Gの倍率は0.11倍に対してSEL30M35は1倍。
つまり約10倍の大きさで撮影出来ているって事です。(SEL30M35は等倍だから大きいというよりも被写体そのもののサイズ)
 
つまりこれが、、、、
これは何となくわかってもらえただろうか?
 
 
Name
うむ、まぁいいでしょ。
 

近づけなくてもマクロレンズ。

でもマクロレンズの定義には近寄れるかどうかは記載されていません。
つまり近寄れるかどうかはマクロレンズかどうかに関係ないことになります。
何なら、近寄れないマクロレンズ、【望遠タイプのマクロレンズ】があるからです。
 
 
Nuko
ナニィィィィ!!!
 
 
カメラを知っている方ならご存知でしょうが、素人の私からしてみたらなかなか理解不能。
100mm〜300mmという画角なのにマクロレンズ。
寄っても撮影できるのか?そもそもこれは寄る必要があるのか?
 
実際の望遠マクロで撮影した画像を見てもらう方が早いと思います。

αcafe

“α”で撮った写真をみんなで楽しむコミュニケーションサイト。…

例を見てみて、どうでしょうか? 
寄れてますね。
 
あと、動物とか虫を撮影されている方いませんか?
少し離れた場所からでしか撮影できない動物や虫にグッと寄った絵が撮れるのが望遠のマクロレンズの良さなのです。
 
例で使用しているレンズは【SAL100M28】というフルサイズのマクロレンズです。
最短撮影距離:35cmと被写体にくっつくくらい近づけるイメージのあるマクロレンズとしては結構離れないと撮影できない事なります。
という事で倍率が1/2~等倍がマクロレンズ!って事でいいですね?
 
 
 
Nuko
・・でも近づけなくていいならズームレンズとの違いは何?
 
たしかに・・・

ズームと何が違うの?

恐らくあなたが想像している事はこういう事でしょ?

 

マクロで撮影した画面いっぱいのアップ画像とズームで撮影した画面いっぱいのアップ画像、違いはあるのか?って事。

 

結論から言おう!

 

大して変わらん!!!

っていうと語弊がありそうですが、素人目には違いがよくわからない。

 

ちなみに比較画像として用意したのがこちらの2枚。

 

SELP18105G(ズームレンズ)
SEL30M35(マクロレンズ)

同じ被写体を同じくらい画面いっぱいに撮影したものです。(果たしてこの比較方法で良いのかどうかも怪しいところはあります)

どうですか?違いがわかりますか?

 

 
Name
じゃあ、マクロって意味あるの?

結局近くまで寄れるマクロがイイんじゃない?

正直マクロの良さを理屈で説明するのは私には難しすぎて無理です。

 

先ほどのズームとマクロの比較でもそうですが、結果できた作品で満足できるならそれでOKでしょ・・・

強いて言うならマクロの方が

・ズームよりボケやすい

・近づける分より緻密な表現ができる(これはかなりあいまい)

と言われてます。でもそれも個人の好みの問題。

絶対こちらの方が良いなんて判断はできないです。

 

もしマクロを楽しみたいって言うなら、私がお勧めするのが【SEL30M35】

やっぱりレンズギリギリまで被写体に寄れるのはマクロだろうとそうでなかろうとメリット以外の何物でもない訳です。

 

何だか長くなってしまったので、ページを替えます。

最新情報をチェックしよう!
>このブログのテーマは【THE THOR】を使ってます

このブログのテーマは【THE THOR】を使ってます

ブログで最も重要なのは記事を書く事です。でも使い勝手やデザインでテーマ選びやカスタマイズで記事を書く時間が奪われがち。世の中には優れた無料テーマがたくさんありますが、私が有料テーマである【THE THOR】を使っているのは、そうしたテーマ選びやカスタマイズに時間を使わず記事を書くことに集中したいからです。このテーマはhtmlなどの知識が無くても豊富なデザインから選択でき、SEOにも強いWORD PRESS初心者でも本格的なブログを作成できます。テーマ選びやカスタマイズの手間からの解放。この初期投資は有効な選択肢のひとつです。

CTR IMG