目指せ100記事!!

私が禁煙できた3つの理由。

突然ですが、私は現在禁煙中です。(8か月目)

 

喫煙は20歳を超えた頃からはじめて、早20年。
その間特に健康的に問題があったり会社が突然禁煙になったなど差し迫った状況ではありませんでした。

 

が、何となく禁煙を始めました。

 

禁煙開始の理由は、例えば【初めての場所に行ったらとりあえず喫煙所を探してしまう】とか【喫煙所を見つけたら一服しておかないと損した気分になる】みたいな事が染みついてしまっている事が嫌だなぁとぼんやり思ったことがきっかけです。

 

健康に気づかってというよりも臭うし、他人から嫌われるようなものをわざわざ吸っている事に疑問を感じ始めて、そのうちに誰のために何で喫煙しているのかと考えたらバカバカしくなってきました。

 

禁煙の動機についてはこちらの記事で紹介しています。

関連記事

禁煙したいですよね?でもなかなかはじめられない、はじめてもすぐに吸ってしまうそんなに禁煙でお悩みの貴君へ、今回から2回にわたって禁煙成功のポイントについて紹介します!私も実際に喫煙者でした。いつか禁煙しなきゃと思いながらもダ[…]

 

さして根深い理由でもなければ、計画的にはじめた訳ではありませんでしたが、どうにか現在も継続中という事で、突発的に禁煙をはじめた割には上手くいったなと、我ながら驚いております。

 

そこで、今回は禁煙開始から今までを振り返ってみて、成功のポイントについて改めて考えてみたいと思います。良かった点や理由などともに新たに気付いた点をご紹介することで、これから禁煙をはじめる人の参考になればと思います。

 

尚、全ての事象に対しては環境や個人差がありますのでご考慮の上ご自身でご判断ください。

 

貴方の禁煙の一助になれば幸いです。

 

禁煙の選択肢

貴方が禁煙を始める決意をした時、選択肢は2つ存在します。

 

  1. 自力で頑張る。
  2. 医者に相談する。

 

どちらを選びますか?

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

禁煙方法メリットデメリット
自力で頑張る。

・準備は不要。

・費用0円も可能

・最短で達成できる。

・禁断症状がキツイ

・我慢し続ける精神的負担

・孤独

医者に相談する。

禁煙外来

・禁断症状を緩和できる。

・医師からの助言・助力がある。

・自分以外の協力者という後押し。

・費用が掛かる。(1~2万程度)

・自力よりも治療に時間がかかる。

・準備が必要。

ご覧の通り、医師に相談するのが確実で楽な方法と言えそうです。

 

費用が掛かるのはデメリットとして記載しましたが、逆に費用をかけてまで治療したという事が禁煙継続の理由の一つになるかもしれません。

なので、今考えてみると禁煙外来にお願いしてみるの一つの手かも・・とも思います。

 

でも今回私が成功したと言っているのはこの自力での禁煙です。当たり前ですけど。

その頃の私はタバコを止めるのに1万円も払いたくないし、医者に行くなんて大げさだ!と言い放ってた訳です。もちろんお金を掛けてでも止めるメリットは余りあります。

 

禁煙の難しさ

禁煙は難しいと昔から多くの人が言うものですから、それはとても難しいものだろうとタバコを吸わない人でも知っています。

では何がそんなに難しいのか?

大まかにまとめると2つの理由が挙げられると思います。

 

  1. 喫煙の悪習慣
  2. ニコチン依存症(禁断症状)

 

【喫煙の悪習慣】とは喫煙行為そのものが習慣化している事を指しております。吸っている事が当たり前なので、止めるという選択肢を思い出す間もなく行ってしまう行為です。これを自分の意志で止めるのは非常に難しいです。

 

【ニコチン依存症】はタバコに含まれるニコチンよってもたらされる病気です。身体にニコチンが不足してくると吸いたい欲求が強くなる事やイラダチ、頭痛などの禁断症状が出ます。この禁断症状が禁煙最大の敵と言っても過言ではありません。

 

 

この2つの問題を自力で突破しなければ、自力禁煙はできません。

ここで、突破に必要な3つのポイントをお教えします。

 

  1. 即刻禁煙
  2. 忍耐と発散
  3. 諦め

 

この3つのポイントを押さえれば禁煙できます。

 

①即刻禁煙

一つ目は即刻禁煙。

 

先ほど禁煙は思い付きではじめたと言いました。計画性も無く、いつからはじめようとかも無く突然突発的に開始しました。

これが即刻禁煙

つまり、今この文章を読んだこの瞬間に禁煙スタート!!!という事です。

 

即刻禁煙のやり方

簡単です。

 

  • まず手持ちでたばこがあったら水につけてゴミ箱に捨てます。
  • ライターがあったら手持ちは全てガスを抜いて捨てます。(災害の時に役に立つとかそういう事は考えずに全部です。一個残らず)
  • 電子タバコも同様です。カートリッジやフィルターも即捨てましょう。
  • 電子タバコの本体はネットオークションにでも売るか、欲しい人にあげてしまいます。

つまり以後一切吸えない環境を作る訳です。

 

私は当時IQOSとglo、そして有害物質はありませんがベイプも使用しておりましたが、全て破棄しました。ベイプはいいじゃないか?と思いましたが喫煙習慣を思い出すので、止めました。

 

禁煙に準備は不要

なぜ即刻禁煙を開始する必要があるのか?

 

それは、禁煙に準備は必要ないからです。

 

禁煙をはじめられない人はあと一本だけ吸ったら、この一箱を吸い終えたら、、などと禁煙開始を先延ばしにしてしまう傾向にあります。また急に禁煙することにためらいがあるため、タールを減らした軽いタバコに代えたり、電子タバコの代えて徐々に禁煙していくなんて人もおります。

 

 

全てダメです。

はじめにご紹介した通り禁煙とは喫煙習慣の打破と禁断症状との闘いです。

ダラダラと吸い続ける事は喫煙習慣を継続することになってしまいます。いくらタールを軽くしたり、電子タバコにしても習慣を打破できなければ禁煙できません。

 

禁煙したいとぼんやりと思ったら、その瞬間に開始するのが最高のスタートです。

 

 

ちなみにタールを減らしても身体への悪影響が減る事もタバコへの依存が減る事もありません。

また電子タバコなら身体への悪影響も少なく吸い続けても問題ないと考えている方がいます。確かにタールは含まれていないし、葉タバコと比較すると有害物質も少ないのは事実でしょう。しかし、それらが身体に及ぼす影響がどれくらいか結論は出ておりません。またニコチンは含まれているので、依存は続きます。

 

理屈をつけて吸い続けるのはやめて、何も考えずに禁煙という一歩を踏み出しましょう!!

 

don’t think! no smoke!(考えるな、吸うのを止めろ)

 

②忍耐と発散

長年喫煙を重ねてきた貴方の体はニコチン依存症の状態です。

禁煙をする事によって体内のニコチンが減少すると身体がニコチンを接収したくなる、接収しざるを得ない状態になってしまうのです。これが禁断症状です。

禁煙最大の敵とも言える禁断症状ですが、私がとった対策は

ただ耐え忍ぶのみ

これでは対策でなってないと思われるかもしれませんが、今考えてもこれ以外方法は無いと思っています。

またそれなりに苦痛を和らげる発散方法も紹介します。

まずは禁煙開始から始める身体の変化と禁断症状についての説明から。

禁煙期間と身体の変化

禁煙開始からの経過時間と対応する身体の回復をまとめたのが以下の表です。

禁煙開始からの経過時間身体の回復状況
1分~身体の回復開始
20分脈拍正常、手の体温上昇
8時間運動能力の改善
24時間心臓発作の確立ダウン
48時間嗅覚、味覚の回復
2日~3週間ニコチンが身体から完全に抜ける
2~3週間肺活量30%回復
1~9か月喫煙による病気からの回復
10年ガンリスクが非喫煙者と同レベルに近づく

驚くべきことに禁煙開始の1分後には身体は喫煙によるダメージから回復をはじめているのです。2日~3週間にはニコチンが体内から完全に抜けるとしており、10年後には喫煙しなかった人と同レベルの発がんリスクまで回復するそうです。

人間の身体ってすごいですね。

しかもこれはこれまで吸い続けた年月に関係なく、禁煙をはじめたその瞬間から効果が出るというものでした。

つまり禁煙を開始するのに遅すぎる事は無いという事です。

禁断症状への対策

ただ禁煙によって発動するのは身体の回復だけではありません。ニコチンの摂取がストップされるため、ニコチン依存症が発症し禁断症状が出る訳です。

禁断症状は身体からニコチンが抜けていく過程で発症する中毒症状です。つまりニコチンが身体から全て抜けてしまえば禁断症状は無くなります。

先ほどの表で禁煙開始から2日~3週間で身体から完全にニコチンが抜けるとされていましたが、個人差があります。私の場合は3週間くらい禁断症状が続きました。

とにかく禁煙開始の2日~3週間を我慢し続けるだけです。

眠さやだるさ、イライラが続き肉体的にも精神的にきつい状態が続きますが、その苦しみは絶対に終わります。

だからそれまでの間はどんな手を使っても吸ってはいけません。

もう一度言います、

その苦しみは絶対に終わります。

代表的な禁断症状

襲ってくる禁断症状は人それぞれです。

頭痛や眠気、だるさなど多種多様な妨害をしてきます。これをひたすら耐える続けるのはかなりの苦行ですが、苦しみを多少和らげる発散方法をご紹介します。

月並みな内容ですけど、やってみたら効果がありました。

ちなみに私の場合は眠気と手足のむくみ、あとジッとしていられないイライラでした。

運動をする

イライラを解消するにはうってつけです。手足の火照りやじっとしてられない衝動やストレスを発散するにはかなり効果的です。

別にダイエットのために運動では無いので、ストレッチや深呼吸するだけでも大分違います。

ガムや飲み物、たべものでごまかす

口寂しさやイライラを抑えるのに大変効果的です。

ただ食べ過ぎに注意。太ります。

禁煙すると太ると言われるのは、食べる機会が禁煙前よりも増えることが原因じゃないでしょうか?

ちなみに飲み物は喫煙を想起させるコーヒーは止めた方が良いと言われています。私の場合、別にそんな事はありませんでしたが。炭酸飲料はオススメ。(できれば無糖)

寝る

日中仕事でそう簡単には寝れないでしょうが、強烈な眠気に対抗できるのは寝る事しか無いです。

即刻禁煙しようとは言いましたが、禁煙は連休に行うのが望ましいかもしれません。

喫煙が連想される事、場所は避ける。

禁煙開始1週間以内はとにかく喫煙行為に関する事から逃げまくりましょう!

場所で言うと:居酒屋、パチンコ屋、喫煙所などなど

予想外なところから襲ってくる場合もあるので要注意です。例えば漫画や映画、TVなどの喫煙シーンも地味にキマス。

私が経験したのが、千鳥のダイゴ。TVで不意打ち。

こいつめちゃめちゃうまそうに吸いよる・・・・

TVで酒とかタバコを好き勝手やりすぎ!・・・・そこが面白いんだけど。

見かけたら、目をそらすかチャンネルを変えた方が良いです。頭の中にイメージを残さないようする事が大事。

ニコチン置換療法の医薬品。

これはファイナルウエポンです。耐え切れないと感じたら医学の力を借りましょう。

それがニコチン置換療法です。

【ニコチン置換療法】禁煙によるイライラなどニコチンが切れてきた状態になった時に喫煙では無くニコチンを含有したガムをなどを摂取する事で禁断症状を抑える療法の事です。

有名なのは【ニコレット】ですね。

ただメリットだけじゃなくデメリットもあります。

メリット

習慣的に喫煙から遠ざける事や禁断症状を抑える事できる為、身体的・精神的な負担が和らげらた状態で禁煙を成功させることができます。これはとても素晴らしいです。

デメリット

ガムとは言え医薬品なので、お安くはないです。また禁断症状を和らげる為に微量ではありますがニコチンを摂取します。その為、一気にやめる(断煙)と比べると完全に禁断症状を押さえ込むには時間がかかりそうです。1ヶ月くらいが目安?

尚、ニコレット®は指定第2類医薬品です。定められた用法・用量にしたがって正しく使用してください。

③一生禁煙

いよいよ最後の項目です。

一通りの禁断症状を乗り越えて禁煙状態に入り半年以上が経過した私が最近改めて感じる事です。

自分は禁煙者であり、非喫煙者にはなれないって事です。

禁煙=タバコ嫌い?

よく禁煙をして半年、1年経過するとタバコを受け付けないとか吸いたくなんかならないって聞きませんか?

 
アレ、嘘です。(個人差があります)
 
余裕で吸いたくなりますし、吸うこともできます。
禁断症状を完全に抜けた状態で喫煙した事がありますが、臭いや口の中の感触が禁煙する事で鋭敏な状態になっているので気持ち悪さを感じながらもムセたりする事なく普通に喫煙できてしまう事に驚きました
 
その後、すぐに禁煙を再開しました。
禁煙の下地が身体にできているので、ちょっとくらい吸っても禁断症状は出ずに禁煙を再開できました。(それまでの禁煙期間と吸ってしまった本数の程度、個人差にもよるのだと思います)
 
でも、そのまま吸い続けていたら恐らく禁煙に失敗していたでしょう。そして禁煙中であっても喫煙への誘いは受け入れてしまうという事を知りました。
 

一生禁煙しましょう。

私は禁煙をする事で非喫煙者になれるものだと思っていました。

ここでの非喫煙者とは喫煙全体に抵抗を感じ、仮に喫煙をしたとしても身体が拒否反応を起こしてむせたりする人の事(タバコを吸った事のない人)を指します。

ところが禁煙をして禁断症状を抜け出したからと言ってもタバコを吸う事に誘惑を感じたり、吸ってしまっても身体が拒否する事なく受け入れてしまいました。

つまり禁煙者はいつまで経っても非喫煙者になれない事。

禁煙は一生続けなければいけないという事に気づきました。

ちょっと重苦しい感じに書きましたけど、一度喫煙をしてしまった以上それを無かったことにできないようです。

でもご安心を、一生禁煙をし続ける事はそんなに難しくは無いはずです。

先ほどの禁断症状のところで紹介しましたが、身体はどんどん回復して健康になればなるほど喫煙から遠く離れていきます。加速度的に足が速くなります。

だから一生逃げ切ることができるはずです。

まとめ

結果的に無理して楽じゃない禁煙方法のご紹介でした。

喫煙の有害性にここで紹介するまでも無く、百害あって一理なしと言われております。逆に禁煙についてはメリットしかありません。

あらゆる面からみてメリットしかない事って今の時代ありますか?

費用0、準備不要、今すぐはじめられる。ただちょっとだけツライ。でも耐えるだけの価値は十分すぎるほどありますよ。

失敗しても一度はチャレンジしてみることをおススメします!成功したらラッキー、失敗しても失うものは何もありません。またチャレンジすればいいだけですから!

幸運を祈る!!

最新情報をチェックしよう!
>このブログのテーマは【THE THOR】を使ってます

このブログのテーマは【THE THOR】を使ってます

ブログで最も重要なのは記事を書く事です。でも使い勝手やデザインでテーマ選びやカスタマイズで記事を書く時間が奪われがち。世の中には優れた無料テーマがたくさんありますが、私が有料テーマである【THE THOR】を使っているのは、そうしたテーマ選びやカスタマイズに時間を使わず記事を書くことに集中したいからです。このテーマはhtmlなどの知識が無くても豊富なデザインから選択でき、SEOにも強いWORD PRESS初心者でも本格的なブログを作成できます。テーマ選びやカスタマイズの手間からの解放。この初期投資は有効な選択肢のひとつです。

CTR IMG